お宮参りのお着物・祝着・初着・熨斗目!  家紋入れの注文ページです。


1.下記の家紋一覧よりご希望の家紋を選んでカートに入れてください。

※ご希望の家紋が見当たらない、もしくは家紋が今わからないといった場合には、
  1番の「後で知らせる」を選んでカートに入れてください。
※紋入れをする場合は、クレジット決済・銀行振込・郵貯振込など先払いで決済完了してからとなります。








紋入れ(五つ紋)の手順


1.下記の家紋一覧よりご希望の家紋を選んでカートに入れてください。

※ご希望の家紋が見当たらない、もしくは家紋が今わからないといった場合には、
  1番の「後で知らせる」を選んでカートに入れてください。
※紋入れをする場合は、クレジット決済・銀行振込・郵貯振込など先払いで決済完了してからとなります。


2.ご注文完了、確定いたしましたら、当店からご連絡させていただきます。

※確認用の家紋データをメールでお送りいたします。間違いなければご返信にてお知らせくださいませ。


3.家紋の確認が取れましたら、専門の職人さんに家紋入れをお願いいたします。

※家紋入れには、約10日程度お日にちを頂いております。


4.仕上がりましたら化粧箱に入れ熨斗をつけて、お届けいたします。

※紋入れ中に、お届け時間の変更やご指定などがございましたらお気軽にお申し付けくださいませ。
※大変申し訳ございませんが紋入れ後のお着物のお客様の都合による返品はお受けできません。
  あらかじめご了承くださいませ。






実際のお宮参り着物に家紋入れをした、サンプル画像です!

14.丸に違い鷹の葉 白 8.丸に剣片喰 金 3.丸に五三の桐(四本スベ) 金 ※丸の部分は「中輪」です。
丸に下がり藤









家紋選択
1番~15番


家紋入れ(五つ紋)
参考小売価格 8000円(税抜)
御奉仕特価 6000円(税抜)





※ご希望の家紋が見当たらない、
もしくは家紋が今わからない
といった場合には、
1番の「後で知らせる」を選んで
カートに入れてください。

家紋選択
16番~30番


家紋入れ(五つ紋)
参考小売価格 8000円(税抜)
御奉仕特価 6000円(税抜)





※ご希望の家紋が見当たらない、
もしくは家紋が今わからない
といった場合には、上段の
1番の「後で知らせる」を選んで
カートに入れてください。







【お宮詣り】
我が子が健やかに育ちますように、いつまでも幸せでありますようにと、慈しむ家族の愛を神様に祈願するお宮詣りです。
親から子へ、子から孫へと連綿と受け継がれたてきた古式ゆかしき習わし、大切にしたい日本の心です。


【お宮参りの時期】
一般に男の子は生後30日から31日目。女の子は31日か32日目がお宮参りの定説と言われています。
しかし地方によっては男の子が50日目、女の子が51日目・・男女共に100日目など様々です。
まずは、お子様と産後のお母様の健康状態の良い時、天候の良い日・吉日などを選ぶと宜しいでしょう。



【お祝い着の着せ方】
お祝い着を掛ける時は、絵柄がよく見えるように広げ、抱いた子の体を覆うように掛け、祝い着の付紐の一方を
肩側から、他方を脇から通して、抱き手の方の背で蝶結びにします。
また、お宮参りには、扇子、お守り袋等の縁起の良い物を選びます。



【お参りの方法】
神社へのお参りは、習慣的には祖母か近親の女性が母体を気づかって子供を抱くものとされています。
が、現代的な背景から、お母さんが抱いてお参りされている方も多いようです。